年と月を選択することで、選択した年月の写真を表示します。

2019年7月21日

泮池に生えている水草の花が満開です。

2019年7月18日

講堂の天井です。一般的な竿縁天井(さおぶちてんじょう)のように見えますが、よく見ると竿縁の形状が下にいくに従い細くなるように加工しています。このような竿縁を猿頬縁(さるぼおぶち)といい、それを用いた天井を猿頬縁天井といいます。普通の竿縁天井より上等とされています。This is a ceiling part of the lecture hall. It looks seemingly a simple ceiling type such as ‘Saobuchi-tenjo’. However, on closer look,  Saobuchi is tapering at the below. This type of ceiling is called ‘Sarubobuchi-tenjo’, and it is high-class grade compared to general type. The literal translation of ‘Sarbobuchi’ is Monkey-Cheek-edge.

2019年7月17日

資料館付近です。この時期は緑がきれいです。This is a scene looking in the neighborhood of the history museum. Surrounded green leaves are really brilliant during this season.

2019年7月16日

今日は好天に恵まれています。It’s lucky enough for us to have good weather today.

2019年7月13日

雨に濡れる椿山(椿谷)の北側にある塚、御納所(ごなっしょ)です。ここには池田光政公の髪、髭、爪、歯を納められています。その御納所を精緻に組んだ石垣が͡コの時型に取り巻いています。 This is a mound named Gonasshoat the northern area of Tsubakiyama(grove of Camellia),its raining gently. Hairs,beards,nails and teeth of school founder Ikeda Mitsumasa,were enshrined here. ‘Gonasshois surrounded by elaborate stone-wall in -formation.

2019年7月13日

しとしと雨に濡れている桜山です。In Sakurayama, a gentle rain is falling now.

2019年7月12日

北側から見た飲室内部です。This is the inside of the tea-break room looking from the northern side.