「第20回読初(よみはじめ)の儀」参加者募集

 

 新年にあたって学問への決意を新たにする儀式として1711年(正徳元年)1月に始まりました。明治維新・廃藩置県に伴って一時期廃止されましたが、2005年(平成17年)、江戸時代の伝統行事に親しんでもらい、論語の精神を現代に生かそうと顕彰保存会が復活させました。「読初の儀」は旧閑谷学校にとっては「学校びらき」であり、参加者にとっては1年の決意を新たにする「勉強はじめ」となる儀式です。どなたでも参加でき、国宝を身近に感じることのできる機会です。ふるってご参加ください。

 

内容:孔子の像に拝礼したあと、普段立ち入ることのできない国宝の講堂で、論語を朗唱します。教材は振り仮名付きで、解説もあり、初めての方でも親しめます。続いて、有志が1年の誓いと抱負を披露し、全員で、講堂のヒノキの床を磨きます。

 

日時:令和6年1月4日(水)10:00~11:30(受付9:00~9:50)

 

会場:特別史跡旧閑谷学校 聖廟大成殿及び講堂

 

定員:一般の参加者の方は100人(定員になり次第締切)までです。

 

参加費:無料 

        ※ただし、史跡入場料(大人400円、小・中学生100円、65歳以上200円が必要となります。

 

申込方法 :「読初の儀参加希望」と明記の上、住所・氏名・電話番号・FAX番号を記入して、下記のメール、FAXまたはハガキでお申し込みください。

      メール hozonkai@shizutani.jp

電話・FAX  086-67-1436

ハガキの宛先 〒705-0036 備前市閑谷784

       公益財団法人特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会 史跡管理事務所あて

 

申込締切: 令和5年12月23日(土)

 

持参品:講堂の床の保護のための、重ね履き用の靴下が必要

 

その他:当日は、孔子像が一般公開されます。一般公開は年に二回しか無く、間近に拝観しながら学力向上・受験合格などを祈願するチャンスです。

イベント詳細

こちらからイベントの詳細をダウンロードすることができます。

お問い合わせ

お電話・FAX・ハガキでのお申し込み

閑谷論語塾・釈菜・文化講演会・文化講座・おもしろゼミナール

〒705-0036 岡山県備前市閑谷784
公益財団法人特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会 保存会事務局
TEL:0869-67-9900
FAX:0869-67-1645

ハガキ・FAXでお申し込みの方は下記の必要事項をご記入のうえ、お申し込み下さい。

  1. 参加のイベント名
  2. 参加者氏名
  3. 性別
  4. 住所
  5. 電話番号
  6. このイベントを何で知ったか

申し込みフォームでのお申し込み

    申し込み内容

    は必須です)

    参加のイベント名

    参加者氏名

    参加者氏名(フリガナ)

    参加者性別

    参加者住所

    参加者電話番号

    参加者メールアドレス

    このイベントを何で知ったか