〇 山田(やまだ)方谷(ほうこく)(1805~1878)

  山田方谷は1805年現在の岡山県高梁市で生まれ。

  新見藩主関公の前で字を書き、名をあげたという。のち藩主板倉公に召し抱えられ、藩政改革を断行して全国にその名を知られる。

  入門する者数多く、その人格は高潔で「備中(びっちゅう)聖人(せいじん)」といわれた。

 

~閑谷学校との関わり~

 明治になって、方谷は郷里(高梁市)に帰り、塾を開いて子どもたちの教育にあたる。明治5年、有志たちが岡山に学校を興そうとして方谷に相談するが、これを断り「閑谷学校を再興するなら行ってもよい」と答え、有志たちも閑谷学校を再興することに奔走した。方谷は熊澤蕃山を崇拝しており閑谷行きを喜び、詩を作っている。

  その結果、明治6年に方谷を招聘し、「閑谷精舎」として再興した。その名声を聞いた多くの生徒が集まった。

  その後、方谷は明治10年に死去した。

 

以下..倉敷市の取り組みページ

https://www.kurashiki-tabi.jp/yamada-houkoku/

(山田方谷のキセキを巡る旅)

お問い合わせ

お電話・FAX・ハガキでのお申し込み

文化講演会・史跡めぐり・釈菜

〒705-0036 岡山県備前市閑谷784
公益財団法人特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会 保存会事務局
TEL:0869-67-9900
FAX:0869-67-1645

閑谷の朝の日曜論語

TEL:0869-67-1436

ハガキ・FAXでお申し込みの方は下記の必要事項をご記入のうえ、お申し込み下さい。

  1. 参加のイベント名
  2. 参加者氏名
  3. 性別
  4. 住所
  5. 電話番号
  6. このイベントを何で知ったか

申し込みフォームでのお申し込み

申し込み内容

は必須です)

参加のイベント名

参加者氏名

参加者氏名(フリガナ)

参加者性別

参加者住所

参加者電話番号

参加者メールアドレス

このイベントを何で知ったか