■概 要 旧閑谷学校の釈菜(せきさい)は、貞享3年(1686年)秋、津田永忠を中心に執り行われたのを初めとして、ずっと受け継がれてきました。

     明治初期に一時絶えますが、大正4年(1915年)には復活され、現在に至っています。「最も慎ましやかで最も厳粛」と評される、旧閑谷学校の伝統行事です。

■開 催 日 令和元年10月26日(土)10:00~13:00
■場  所 備前市閑谷784  特別史跡旧閑谷学校地内
■次  第
     ① 大成殿(たいせいでん)の儀(孔子を祀る儀式) 10:00~10:45
     ② 講堂の儀(講堂で論語講釈)11:00~11:45
     ③ 分胙(ぶんそ)の儀(センターで昼食)12:00~13:00
■参 加 費 2,500円(史跡入場料・弁当代等)
■募集定員 50名程度(参加決定は先着順とします)
■募集期間 10月11日(金)必着
■参加申込 「釈菜参加希望」と明記のうえ、住所・氏名・電話番号・FAX番号を記入して、下記へ電話・FAXもしくはメールにより申し込みください。
       〒705-0036  備前市閑谷784
公益財団法人特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会 史跡受付
電 話・FAX:0869-67-1436
Mail     :hozonkai@shizutani.jp
■そ の 他 講堂の床保護のため重ね履き用ソックスご持参ください。

イベント詳細

こちらからイベントの詳細をダウンロードすることができます。

お問い合わせ

お電話・FAX・ハガキでのお申し込み

文化講演会・史跡めぐり・釈菜

〒705-0036 岡山県備前市閑谷784
公益財団法人特別史跡旧閑谷学校顕彰保存会 保存会事務局
TEL:0869-67-9900
FAX:0869-67-1645

閑谷の朝の日曜論語

TEL:0869-67-1436

ハガキ・FAXでお申し込みの方は下記の必要事項をご記入のうえ、お申し込み下さい。

  1. 参加のイベント名
  2. 参加者氏名
  3. 性別
  4. 住所
  5. 電話番号
  6. このイベントを何で知ったか

申し込みフォームでのお申し込み

申し込み内容

は必須です)

参加のイベント名

参加者氏名

参加者氏名(フリガナ)

参加者性別

参加者住所

参加者電話番号

参加者メールアドレス

このイベントを何で知ったか